シンプル節約生活

妊娠中のワーママが毎日気になったことやレンジ簡単レシピ、シンプルライフのコツなどを書いています。

湯シャンの簡単な始め方。この方法でダメージを防ぐ

スポンサーリンク

私は湯シャンを取り入れています。

 

湯シャンは、シャンプーを使わずにお湯のみで髪の毛を洗う方法です。

最近人気で、雑誌などで特集されることも多いです。

 

私が実践している、簡単でダメージを防ぐ湯シャンの方法をお伝えします。

 

簡単な湯シャンの始め方

湯シャンで気になるのは、髪がベトベトにならないか、臭くならないかということですよね。

 

この方法なら心配いらないです。

 

それは、

 

1日おきにシャンプーと湯シャンを交互にすること

 

です。

 

私が湯シャンを始めたのは手間を省くためです。

シャンプーとトリートメントをしなくてよいなら、時間や水道代の節約になりますよね。

 

子どもと一緒にお風呂に入るので、そこまで時間をかけられないということもあります。

 

でも今は夏ですし、さすがにいきなり毎日湯シャンということはできませんでした。

 

じゃあ1日おきならどうだろう?と試してみたら、これが良かったんです。

 

1日おきにシャンプーとトリートメントでケアすれば、髪がベトベトになることもなく、臭くなったりすることもありません。

 

汗などの水溶性の汚れは、お湯でもきちんと落ちます。

シャンプーは毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とすにはピッタリですが、毎日だと皮脂を取りすぎてしまい、逆に皮脂が多く分泌されてしまうそう。

 

髪がべとつく、という方は是非一度湯シャンを試してみてほしいです。

 

ちなみにヘアワックスなどは使っていません。

ワックスを使う方は湯シャンだと落ちなそうなので、他のスタイリング材に変えた方がいいかもしれないです。

 

私はヘアオイルをトリートメントにもスタイリングにも使っています。

 

 

湯シャンで髪がパサパサになるのを防ぐ

湯シャン生活を始めて気になったのは、髪の毛がパサつくことです。

 

私はかなり髪の毛が痛みやすく、すぐにダメージを受けてまとまらなくなったり、枝毛が増えたりします。

 

ヘアケアにはかなり気を使っているのですが…

 

おそらく、ドライヤーの熱でダメージを受けているんだろうと。

 

湯シャンの日はトリートメントもせず、アウトバストリートメントもしていませんでした。

ベタつくのが心配で。

 

でも逆にパサつくぐらいなので、ドライヤーの前のアウトバストリートメントは毎日やるようにしました。

このとき、トップや地肌には絶対につけません。

髪の毛の半分より下の毛先の方のみです。

 

夏の紫外線のダメージもあり、かなり傷んでしまったのでドライヤー後の仕上げにも少し重ねづけ。

 

アウトバスとして使っているのはヘアオイルです。

最近これがお気に入りです。

湯シャンの時もトリートメント

ゆず油 無添加ヘアオイル(60mL)【ゆず油】

  

ドラッグストアで買えるし、@cosmeでも好評価でした。

香りもいいし。

 

湯シャンの日もトリートメントをすることで、やっと髪が落ち着いてきました。

 

秋の髪や肌は夏のお手入れによって決まるっていいますよね。

夏もあと少しですかね。

だいぶ涼しい日が増えてきたので、秋に向けて自分の身体のケアもしっかりしていきたいと思います。

 

▼関連記事が読めます

にほんブログ村テーマ

おしゃれママ!

30代からのキレイ美容法教えて~

 

▼お手数ですが、読んだよの印にポチっと押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

お読みくださりありがとうございました!

 

スポンサーリンク