なつみの子育てシンプル

長女長男次女の3児ママがシンプルライフを目指しています。片付け、節約、読書、簡単レシピ、子供の教育などについて発信中!

しなびた大根は食べられる?使えるレシピ5選と復活させる方法

昨日は大根が1本69円でした!

冬は大根も安いですよね~。

あんなに大きくて100円以下で買える野菜の大根は、食費節約のヒーローです^^

 

でも、大きすぎて1回では使い切れず、いつの間にか冷蔵庫でしなしなになってしまうこともあります。

しなびた大根は食べられるのでしょうか?

 

しなしな、シワシワの大根も捨てなくて大丈夫!

腐ってなければ美味しく食べられます。

 

しなしなになっても美味しく食べられるレシピを集めました。

また、しなしなの大根を復活させる方法もあるので、合わせてご紹介します。

スポンサーリンク
 

しなしな大根は食べれる?おすすめレシピ5選

大根は水分が抜けやすい野菜です。

水分が抜けると大根はしなしな、シワシワで柔らかくなります。

 

これって食べれるの?って分からなくて、前は捨ててしまっていました。

もったいなかったな。

ただ水分が抜けただけで腐っているわけではないんです。

 

冷蔵庫で大根を保存した場合、1週間~10日ほどもつと言われています。

結構長く保存できるんですね。

 

しなしなの大根は切り干し大根のようなもの。

ちょっと新鮮な切り干し大根だと思えばいいんです。笑

 

水分が抜けているので、水分を抜いて作るお漬物とか、味が染み込む煮物などがおすすめです。

いくつかレシピを集めました。

 

鶏手羽元と大根と玉子の煮物

cookpad.com

フライパン1つで作れる簡単煮物です。

つくれぽ6000件以上あります。

 

鶏手羽のうま味が大根にしみていて美味しかったです!

 

 

トロトロ大根と玉子のこってり煮

cookpad.com

卵と大根だけで出来る、節約レシピ。

つくれぽは7000件以上あります。

 

しなしなになった大根は、油で炒めてから煮物にした方が美味しいと思いました。

なのでこのレシピはおすすめです。

 

簡単大根の漬物

cookpad.com

子供たちも大好きな大根の漬物がこれです。

しなしなになった大根の場合、調味料の分量そのままだと味が濃くなるので、ちょっと減らして作ったほうが良いです。

 

大根1本買ってきたら先に漬物にした方がしわしわになるのを防げますね。

 

大根とひき肉のとろーり煮物

cookpad.com

つくれぽがもうすぐ10000件に届きそうな人気レシピです。

たっぷり大根を使うので、大根の大量消費にもおすすめ。

 

ひき肉は豚挽き肉ですが、合い挽きや鶏ひき肉でも大丈夫でしたよ!

 

大根人参油揚げの煮物

cookpad.com

大根は細切りにするので、しなしな大根も全然気になりませんでした。

つくれぽ2000件以上の、節約煮物レシピです。

 

豚肉ありのほうが美味しいけど、なくても大丈夫です。

 

 

しなしな大根を復活させる方法

しなしな大根はそのままでも煮物や炒め物で使えますが、しゃきしゃきに戻したいときもありますよね。

 

しなびた大根も簡単に戻すことができるんです。

 

その方法は、水につけておくだけ!

1時間~2時間ほどでもとのふっくらした大根に戻ります。

 

cookpad.com

さすがに買ってきたときのようにはなりませんが、かなりしっかりした大根になってビックリしました。

 

でも、水につけることでビタミンなどは流れちゃうだろうし、栄養的には良くなさそう。

どうしてもの場合だけ、この方法で戻してみてくださいね。

 

 

長持ちする大根の保存方法

大根は正しい保存方法で保存すれば、1週間~2週間ほど持たせることができます。

水分が抜けやすいので、切り口を濡らしたキッチンペーパーなどで覆い、その上からラップをかぶせて保存していました。

 

でも、もっと長持ちする大根の保存方法を見つけました。

 

cookpad.com

大根の根元のところをえぐり取り、濡らしたキッチンペーパーを詰めるだけ。

キャベツなどと同じ方法ですね。

 

えぐり取るのがちょっと大変ですが。

 

キッチンペーパーの水分を吸ってくれるので、いつまでも大根がシャキシャキのまま保存できます。

1か月近くもつそうですよ。

 

▼断捨離やシンプルライフのコツがたくさんあります。

捨てても、大丈夫だったもの。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

持たない暮らし

 

まとめ

冷蔵庫でしなしなになってしまった大根を美味しく食べるレシピをご紹介しました。

 

ちなみに、しなしなの大根は食べられますが、腐ってしまった物は食べられません。

色が変色していたり、ぬめりがあったり、臭いにおいがしたら食べちゃダメです。

その場合は残念ですが捨てましょう。

 

食費節約のためには捨てないことが1番!

柔らかくなった大根は早めに食べてあげてくださいね。

 

お読みくださりありがとうございました!

 

▼大根使い切りレシピ

www.natsumikan-diary.net

 

▼お手数ですが、読んだよの印にポチっと押してもらえると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク