なつみかんブログ

育休中の3児ママが断捨離、節約、読んだ本、簡単レシピ、育児などについて書いています。

スキマ時間にできる家事貯金で、毎日余裕をもって過ごす【料理編】

3人の子育てって、結構大変です。

自分の思い通り、時間通りにできることなんて本当に少ない。

 

赤ちゃんが泣いて夕飯が作れなかったり、子どもが友達と遊ぶことになり私もついて行って、帰宅が遅くなり、夕飯が作れなかったり。

(夕食ばっかりですね。笑)

 

そんなときに、スキマ時間に前もってやっておくとラクになることがあります。

家事貯金、と呼んでいます。

 

料理についての家事貯金を、いくつかご紹介したいと思います。

 

スキマ時間で、簡単にできる家事貯金

家事貯金は、家事を前もってやっておくこと。

料理についての家事貯金はやりやすいです。

 

玉ねぎの皮をむく

玉ねぎの皮って、むきやすいものとむきにくいものがありますよね。

むきにくいものは、結構イライラしませんか?(^_^;)

 

玉ねぎの皮をむいても、根を残しておけば常温で1~2週間もつそうです。

むいておけばすぐに料理に使えて時短になります。

 

▼玉ねぎで出来るおすすめの常備菜

 

www.natsumikan-diary.net

 

鍋に水と煮干しをセット

お味噌汁のだしは普段だしパックを使っていますが、たまに煮干しのだしで食べると美味しい。

水出しならとっても簡単なんです。

 

鍋に水と煮干しを入れて、そのまま冷蔵庫にいれるだけ。

翌日に煮干しを取り出して、お味噌汁を作ります。

 

煮干しは刻んで食べたらカルシウムもとれて一石二鳥!

なのですが、我が家では夫や子供たちが嫌がるので捨てちゃっています。

 

煮干しはそのままおやつとして食べることも出来るので、常備しておくと便利ですよ。

 

塩もみ野菜を作る

きゅうりは薄切り、キャベツや白菜は大きめに切って塩を一つまみまぶします。

冷蔵庫に入れておけば翌日の1品になります。

 

ツナを足してサラダにしたり、ごま油を足してナムルにしたり、アレンジも色々できます。

 

ゆで卵をゆでる

翌朝卵サンドにしようと思ったら、前の日の夜にゆで卵を作っておきます。

そうすれば殻をむいて、マヨネーズと塩で味付けするだけですぐに食べられます。

 

料理についての家事貯金

 

茹で卵は栄養たっぷりで、それだけでおかずやおやつになる。

わが家はパルシステムで毎週卵を買っているので、前日に残っている卵をゆで卵にしてしまうことも多いです。

 

茹で卵は沸騰したら火を消して、8分放置する方法でいつも作っています。

ガス代の節約になるのでおすすめです^^

 

ピクニックにサンドイッチを持っていこうと思っていましたが、この前の週末は寒くて断念。

朝ごはんになりました。

 

隙間時間に家事貯金をする

 

野菜の煮物

どうしても野菜の煮物って優先順位が低くなって、なかなか作れません。

冷まして味が染みた方が美味しいのに、その日に作るとそんな時間もないし。

 

だから、夕食後に煮物にします。

 

夕食後って、私だけ食べ終わって子供たちはまだということが多い。

そのスキマ時間にささっと野菜を切って、弱火で煮ます。

弱火なら焦げてしまう心配もないので、たまに見れば大丈夫。

 

子どもたちが食べ終わるころには完成して、翌日の夕食やお弁当の具になります^^

 

家事貯金をしておけば余裕ができる

子育てって余裕が大事だなと思うんです。

自分に余裕がないと、キーッ!ってなりませんか?

 

普段怒らないことでもガミガミ叱ってしまったり。

あとで反省するんですけどね。。。

 

家事を少しでも前もってやっておくことで、その日にやらなければならないことが減ります。

それだけで気持ちに余裕が出来るんです。

 

家事貯金は出来るときだけにやるので、やるのがめんどくさいと思うこともありません。

やっておけば未来の自分が喜ぶはず、と考えて行動しています。

 

いつも笑顔のママでいたいです^^

 

▼いつも応援クリックありがとうございます!今日もよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

まとめ

料理に関する家事貯金を5つご紹介しました。

どれも簡単で、テレビを見ながらとか、隙間の時間を活用して作ることができます。

 

掃除は貯金がしにくいんですよね。

掃除してもすぐに汚れちゃうから。

 

でも掃除や洗濯でも家事貯金ができるか考えてみます。

忙しい方の参考になれば嬉しいです^^

 

▼参考にしている記事です。(にほんブログ村テーマ)

捨てても、大丈夫だったもの。

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

持たない暮らし

 

お読みくださりありがとうございました!

 

スポンサーリンク