なつみの子育てシンプル

長女長男次女の3児ママがシンプルライフを目指しています。片付け、節約、読書、簡単レシピ、子供の教育などについて発信中!

老後2000万の内訳と、シンプルライフの生活費は?

最近、毎日のように老後資金2000万のニュースを見たり、聞いたりしますね。

2000万じゃなくて3000万だとか、5000万だなんて意見もあって。

 

でも、シンプルライフを意識していれば、そこまで必要ではないのではないかと思ったのです。

その理由をお話ししますね。

 

 

老後資金2000万の内訳

老後資金が2000万足りなくなるという問題。

老後の収入と支出の内訳はこちらです。

 

ちなみに夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦のみで無職の世帯です。

総務省の家計調査をもとにして作成されました。

 

老後の収入

・社会保障給付 191,880円

・勤め先・事業収入 8,277円

・その他 9,041円

 

老後の支出

食料 64,444円

住居 13,656円

光熱・水道 19,267円

保健医療 15,512円

交通・通信 25,092円

教育・教養・娯楽 25,092円

その他 98,170円

 

収入と支出を比べると、支出が5万ほど多い。

毎月5万の赤字になります。

 

5万×12か月×30年で、老後に2000万が必要だという話でした。

あくまで平均です。

 

これより多く使う家庭もあるだろうし、こんなにかからない家も多いはず。

私の印象は、かなり贅沢な暮らしだな~と。

 

今でも食費が6万を超えると、使いすぎちゃったな、と思います。

子供たちが巣立った後は絶対そんなにかからないと思う。

 

にほんブログ村テーマ 老後の備え:お金に関する心配を減らす方法へ
老後の備え:お金に関する心配を減らす方法

 

シンプルライフなら、生活費は?

シンプルライフで、老後に必要なもの。

食費、日用品費、水道光熱費、家賃、衣類や雑貨が少し。

 

家賃はマイホームなら住宅ローンも終わっているはず。

 

我が家は夫がテレビ好きなので、通信費は高めだけど、二人のスマホも合わせて2万ぐらい。

 

子供にお金がかかることも無くなる。

保育料も、学資保険も、学費も、子供のおもちゃや習い事も、子供の洋服代もかからなくなる。

 

こう考えると今の家計のほとんどは子供にかかるお金だわ(´・ω・`)

 

お出かけだってそんな頻繁には出来ないのだから、交通費、レジャー費も少し。

 

と考えると、月に25万もかかるとは思わないのですよね。

 

多めに見積もって、食費が5万、日用品1万、水道光熱費2万、通信費2万、衣類や雑貨1万、お出かけや外食1万、医療費は平均の1万5千だとして、合計13万5千。

夫婦二人ならこのぐらいが最低でかかるお金ですよね。

そのほか交際費や娯楽費が増えたとしても、十分年金で生活できちゃいそう。

 

私の見積もりが甘いのかな?

政府試算の内訳その他の約10万円は何なんだろうと思ってしまう。

 

そういえば私、ファイナンシャルプランナー2級を持っているんです。

実生活で使うことはあまりないのですけど(^_^;)

 

病気になったら医療費がもっとかかるだろうし、介護サービスにもお金がかかるかもしれない。

健康で元気なまま老後を暮らせるように、というのが1番大切かもしれないですね。

 

 

貯金は頑張るけど、そこまで悲観的にならなくても大丈夫

ということで、そこまで悲観的にならなくても良いのじゃないのかな~というお話でした。

全員が老後資金2000万が必要なわけじゃない。

 

家の修繕費とか家電とか、大きなお金が必要になるものもありますね。

そうゆうものは計画的に、老後になる前にやっておこうと思います。

 

もちろん貯金しなくていいというわけではなくて、貯金はあったほうがいい。

貯金が増えるほど、老後に旅行なども楽しむことができます。

 

でも30代の子育て真っ只中に2000万も貯めようなんて無理。

 

ものを大切にしたり、少ない服で暮らしていくというのを意識して、少しずつだけど貯めていければいいなと思うのです。

 

積み立てNISAもやってます。

ごくごく少額ですが、もうすぐ1年。

ちょっと前はマイナスで心配したけれど、また最近復活してプラスになってきました~♪

つみたてNISAと一般NISAを比較し、積立を選んだ理由

 

▼選んだ銘柄はこちら

楽天のつみたてNISAで選んだ銘柄と選択基準

 

1年やってみたリターンなども今度ご紹介しますね!

 

▼ブロガーさんの節約テクニック、参考にしています^^

節約貯金deゆとりのマネーライフ

頑張らない節約

お金を貯める方法

 

スポンサーリンク