シンプル節約生活

妊娠中のワーママが毎日気になったことやレンジ簡単レシピ、シンプルライフのコツなどを書いています。

トマト酢の作り方と活用レシピ【日経ヘルス】

スポンサーリンク

 

日経ヘルスを読んでいて、トマト酢というものがあることを知りました。

内臓脂肪やメタボリスクを減らしてくれるそうです。

 

簡単に作れるので、作ってみました。

 

トマト酢の作り方

トマト酢の作り方

 

材料

・トマト 中1個

・酢 300ml

 

雑誌では基本のトマト酢はこの分量でしたが、実際作ってみたら酢が多かったです。

冷蔵庫で3、4日しか持たないので、酢は200mlぐらいでも良いと思いました。

トマトに比べて酢が余っちゃう。

 

トマト成分が溶け込んだお酢として使えばいいのだろうけど、3日で300mlも使えません(^_^;)

 

作り方

①トマトはみじん切りにして、保存容器に入れる

 

②お酢を注ぎ、蓋をして冷蔵庫で保存

 

簡単です。

5分で完成!

 

お酢は1日に大さじ1杯取るだけで、内臓脂肪が減るそうです。

トマトも脂肪燃焼を促し、脂肪肝や内臓脂肪を減らす成分が含まれています。

 

トマトの旨味成分で酢の酸味を和らげてくれて、まろやかになります。

 

酢は何でもいいそうですが、私は米酢を使いました。

 

 

トマト酢活用レシピ

まず思いついたのはそうめん。

f:id:mame00714:20180719113328j:plain

 

そうめんって味が一緒で飽きてしまうので、トマト酢を大さじ1杯ぐらい入れると味が変わって美味しいです。

夏バテ中でも食べれますね。

 

あとは豆腐も。

f:id:mame00714:20180719113353j:plain

 

トマト酢と醤油をかけて食べました。こちらもさっぱりで美味しい!

ヘルシーで夜遅い時のお助けレシピ。

 

また、トマト酢は発酵食品や油と一緒にとると、その効果が高まるそうなのです。

一応豆腐も発酵食品ですよね。

 

味噌汁に入れても良いということで入れてみました。

これで免疫力がアップするらしい。

f:id:mame00714:20180719113417j:plain

 

 

お魚に乗せたり。

今回はししゃもでしたが、油の多いさばとかも合いそう。

f:id:mame00714:20180719113454j:plain

 

さっぱりしていて美味しいです。

 

玉ねぎのマリネは、トマト酢の酢の部分と砂糖を入れて作りました。

f:id:mame00714:20180719113527j:plain

 

 

でも難点としては、どれも同じ味になっちゃう。笑

300ml使い切るのは大変です。

トマトがどんどん酸っぱくなってしまうので、トマトだけでも先に食べた方が良いと思います。

 

日経ヘルスではもう1つ、生姜オリーブオイルが紹介されていたので、今度はそちらを作ってみよう。

 

▼お手数ですが、読んだよの印にポチっと押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

お読みくださりありがとうございました!

 

スポンサーリンク
 

▼ダイエット向けレシピ

natsumikan-diary.hatenablog.com